ネット証券と大手証券


わたしたちが資産の運用を考える場合に、その最も手近で有効な手段として考えられるものが投資取引になります。
特に銀行や証券会社が取り扱っている投資商品、金融商品というものを利用することによって、金銭財産をすぐに運用することが可能になり、資産を増やしていくことが可能になります。

こうした投資商品で近年に注目を集めているものは、ネット証券などで取り扱われているものになり、中でもインターネットで手軽に行えるネット株取引は、これまで多くの制限などによって投資が行いにくかった株式投資を、多くの人が行えるようになり人気を集めているのです。

このようなネット株取引は、基本的にはこれまでの株取引と変わるところはなく、実際に行われる取引の内容、その中身については全く同じものになっています。
しかし、手続きのやり方が違っているために、これに対する対応なども違ってくるものとなっています。

特にネット証券では実際の店舗を持たない所もあり、店舗を持ち全国に展開する大手の証券会社とは違いがあります。

ネット証券と大手証券とを比較した場合の最大の違いは、取引きのやり方になり、ネット証券ではもちろん、インターネットでの取引で投資取引が行われることになります。
これに対し、大手証券ではインターネットを介したオンライン取引も行われていますが、対面での売買取引も行われています。

対面の取引では、わたしたち投資家に対して担当が付くことになり、株式投資を行う際のアドバイスや市場の動向、銘柄の特徴などの情報が得られることになります。
その代わり、実際に売買を行う際にはその担当を通して行うことになるため、店頭を訪れるか電話やメールなどで注文を入れ、これを担当の人間が発注していくことになります。

これに対し、ネット証券での取引では、こうした手厚いアドバイスなどは受けられず、投資家は自分自身で株の事を調べ、市場の動向を探り、銘柄の特徴をまとめるなどを行って分析を行い、自身の手で売買注文の発注を入れていくことになるのです。

また、こうした事から株式の売買取引を行う際の手数料に大きな違いがあり、対面取引の場合には50万円までの取引であれば、おおよそ6千円前後の手数料が必要になりますが、ネット証券の場合にはこの手数料が300円前後ほどに設定されています。

また、ネット証券のほうが株の取引価格によって手数料が細分化されているという特徴を持っており、10万円までの株取引の手数料であれば、おおよそ100円前後から、ネット証券の会社によっては手数料が無料としている所もあります。

このように、同じ株式投資であっても、ネット株取引と大手証券の対面株取引とを比較すると、大きな違いがあるのです。