サラリーマンや主婦の方


インターネットを利用することによって行えるネット株取引は、これまでの株式取引とは違い、パソコンやスマートフォンなどで手軽に取引を行えるものとして、多くの新しい投資家を株取引の世界へと導いています。

これまでは、投資取引を行うことなどがなかったサラリーマンや主婦の方なども、多くネット株取引に参加し、多くの利益を上げています。

株式の投資取引においては、株式市場において購入した株を売却して利益を得るほかに、年に数回の間隔で配当される配当金を得るものもあります。

特に初心者の投資家の場合には、市場の変動を利用した投資取引は難しいものがあり、利益を出すことが困難な場合があります。
株の売買取引において利益を出すためには、価格の安い株式を購入し、相場が変動してその企業の株が上昇した時点で売っていくことによって、それによる差益を求めていくことになります。

ところが、安く買った株式が狙った通りに上昇するという事は稀で、価格の上り幅が小さかったり、ほとんど利益にならなかったり、また、場合によっては買った価格よりも安い株価になってしまい損失を招くことがあるために、売買取引によっての利益を求める事は、リスクが高いものとなっています。

こうしたリスクの高い取引を避け、保有した株価から配当金を得るという方法もあり、これは利益が少ないのですが、株を投資した企業の業績が悪化して、配当金が得られなかったり、倒産などして投資資産を失わない限りは、比較的リスクの少ない取引として知られており、主婦の投資家などではこのような形で利益を求める人たちが大勢います。

また、こうした配当金を求めるネット株取引を行う主婦が多いのにはもう一つの理由があり、それが株主優待になります。

株主優待は、企業が株主に対して行うサービスの一種になり、これを行っていない企業もあるのですが、おおよその企業がこの株主優待を行っています。

株主優待では、その企業が行っている事業のサービスを無料、もしくは割引で受ける事ができるものであり、また企業によっては商品券やカタログギフトなどによって配布が行われるものになります。

これにより、例えば外食産業のメーカーであれば食事券であったり、映画の配給会社などであれば劇場の鑑賞チケットなどが、またお米や農作物、お肉などを配る企業もあるために、こうした株主優待を求めてネット株取引を行う主婦も大勢おり、企業によっては業績が芳しくなくとも、株主優待によって株が変え支えられているという企業もあるのです。